So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

身も心も [本]

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

こんにちは


最初の作品を読んでから、気がつけば20年以上の月日が過ぎて、
新感覚の新人作家というイメージをずっと持っていたのですが、
とっくの昔にベテランの作家さんになっていたのにきずきました^^;

盛田隆二氏の、『身も心も』

それほど、デビュー作の新鮮なイメージが強かったということ
だと思うのですが、最近作というか、ここ数年は
社会事象的なテーマの作品が多いように思います。

今回はどんな物語かな~と思い読みましたが、やはり
最近の傾向の強く出ている作品で、テーマはさらに深いものに。

ひとことで言えば、老齢者の恋愛ということになるのだと思うのですが、
社会の経済活動を引退した後の人生で、パートナーがいない人間は
どのように想い、どのように残りの時間を生きようとするのか。

妻を亡くし、長男家族と同居する典型的なな後期高齢者の男性と、
まだ老齢に差し掛かったくらいの生涯独身で、血縁者のない女性。

人は年を重ねると、自分で積み重ねてきたものに囲まれる。
それがよいものであれ、そうでないものであれ。

見えない囲いを乗り越えて得られる最終の時間は、どれほど
残っているのか、どれほどよろこびが増えるのか。

老いていくにしたがって、人生はどんどん過酷になっていく。

人は死ぬまで勇気を持ち続けなければ生きていけない。
最後は静かにおだやかに、というのは、まだ老齢にさしかかって
いない人の考えなのだということを、読んでいて思わせる作品でした。

文学として、もしくは文芸として、と思うと、個人的には
昔の作品のイメージが強烈な故、いまだにこの分野の作品には
物足りなさを感じてしまうのですが。。

この物語には、老齢者をとりまく様々な背景がとてもよく描かれています。

それは、老齢者と身近な立場でだったり、それほど深くない関係だったり
視点によってほんとうにいろいろな見え方をするし、やがて来る自分の
将来の姿を考えたりするのに、とても必要な物語だと思います。

初期のころのような作品を読みたいと、読み続けている作家ではありますが、
では、この物語はだれが書けばよかったのか?と考えると、
やはりこの作家にしか書けない物語なのかとも。

この物語が必要な人は、とても多いでしょう。
わたしも両親のことを思うのに、個人的にとても必要でした。

テーマ競作ということで、ほかの作家さんも同じテーマで書いています。
テーマは『死様』です。

気になる作家も書いているようなので、さっそくリクエストです^^


では、また。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。